PP68 / Oak Soap

PP68 / オークソープ仕上げ

¥ 206,800 (税込)

座り心地を追求し続けたウェグナーの作品の一つで “いろいろなスタイルで座れる椅子をデザインしてみよう”と PPモブラー社のアイナー・ピーターセンとの話し合いの末、 1987年に完成したのが「PP68」です。 PP68はもともとウェグナーによって、 DSBフェリーのためにデザインされていたが、 DSBは最終的にウェグナーの別モデルPP208を採用する事になり その後も改良に改良を重ねて現在のデザインへと至り、 PP58/68の製造を開始しました。 浅く掛けてもよし、または深く腰掛けて背もたれより ヒップ部分が突き出た状態でもフィットしたりと、 まさに「座り心地」をテーマに掲げるウェグナーならではです。 後脚2本だけで肘掛の機能を持つ笠木(背もたれの板)を支える構造は それまでのウェグナーの代表作にも多く見られますが、 製作にはコストと職人達の腕が必要でした。 この作品では1本の木材を蒸気熱で蒸して曲げることに成功し、 さらにはコストの大幅な節約が実現し作品の完成につながりました。

マテリアル
オーク
納期
2022年1月末に入荷予定

商品説明

PP68 / Oak Soap

PP68 / オークソープ仕上げ

ダイニングにおすすめの良質な座り心地

暮らしの中心となるダイニング空間に座り心地の良い椅子が置かれていると
自然とそこに家族が集まり、食後もダイニングから離れずに家族団欒の時間を楽しみたくなります。

ダイニングにもリビングのような寛ぎをもたらす、長時間座っても疲れない椅子「PP68」は
まさにそんな良質なダイニング空間にぴったりの椅子です。

PP68 ダイニングチェア「ソープ仕上げ」「オイル仕上げ」

PP68 オークソープ仕上げ

PP68 オークオイル仕上げ

「PP68」 は柔らかな印象の「ソープ仕上げ」と落ち着いた雰囲気の「オイル仕上げ」の2種類。
座面には強度のあるペーパーコードを、木材には木目の美しいオーク材を使用しています。

このダイニングチェア「PP68」は、人間工学に基づいて細部に至るまで計算し尽くされ、その快適さは何時間でも座り続けられてしまうほど。
もともとはフェリーの客室用にデザインされたもので乗客が長時間さまざまな姿勢で座ることを想定してデザインされました。

その緻密に計算されたデザインは、素朴ながら繊細で優れた耐久性に富んでいます。

PP68ダイニングチェアのデザイナー「ハンス・J・ウェグナー」(写真右)

デザイナーのハンス・J・ウェグナーは、40年以上に渡り機能性と美しさを追求し続け生涯で500種類以上ものチェアを手掛けてきました。
PP68はそんなウェグナーの集大成ともいえるダイニングチェアで、全ての経験がこの一脚に詰まっています。

(左) PP68 (右) PP701 ダイニングチェア

時代に左右されない機能的な美しさをもち、長年の暮らしに寄り添うウェグナーの椅子は
長年使い込むことで、経年変化でより味わい深くなっていきます。

椅子の経年変化する様子に、家族の歴史を感じながら素敵なときを楽しむ。

暮らしの中心となる空間だからこそ、こだわりを持って椅子を選びたいものです。

PP58 ダイニングチェア

PP58 オークオイル仕上げ

「PP68」と同年にデザインされ、座面にレザーを採用した「PP58」。

座面の種類は異なってもデザインは同じなので、テーブルを囲んだ時にバランスが崩れることはありません。デザインや座り心地に妥協することなく、お好みの椅子をお選びいただくにはピッタリの組み合わせ。

ぜひCOKUでPP68 / 58の座り心地をお楽しみくださいませ。

ご紹介した「PP68」「PP58」のリンクはこちら

PP68 ダイニングチェア

PP58 ダイニングチェア

PP Mobler社のアイテム一覧はこちら

そのほか商品に関するご質問は「お問い合わせページ」よりお問い合わせください。

商品バリエーション

全てのマテリアル

商品詳細

商品名・マテリアル

PP68 / Oak Soap

PP68 / オークソープ仕上げ

オーク

ソープ仕上げ

カテゴリ

ダイニングチェア

サイズ

W:58cm*D:48cm*H:68cm*Sh(座面高さ):44cm

納期

2022年1月末に入荷予定

ブランド・デザイナー・デザイン制作年

PP Mobler

Hans J Wegner

1987

備考

受注生産の場合は座面高さ42cmのオーダー可能です。納期については別途ご相談ください。

Find out Products